「ふるさと侍従川に親しむ会主催 春の草摘み&野草料理」に参加
	
	-----------------------------------
	・日時 4月10日
	-----------------------------------


スローフード横浜として、参加させて頂き、 採取と調理に協力しました。
・インストラクターはNHK教育テレビ「モリゾー・キッコロ森へ行こうよ!」
 レギュラー出演の森の遊び人 山田陽司さん


・開催日 4月10日(日)9:00〜15:00
・今回参加人数は 41名
 幼児1名 小学生10名 中学生3名 高校生7名 大学生6名 大人14名 です。
・採って料理に使った野草は、ノビル・セリ・ユキノシタ・タンポポの葉と花・フキ・クレソン
 トトキ(ツリガネニンジン)・タラの芽・ハリギリ・ヨモギ・桜の花・アミガサダケ の12種類です。
・料理は多種多様でお腹いっぱい。
 セリのキムチ和え・セリの胡麻和え・生タンポポの葉サラダ・ノビル入り水餃子
 クレソンのペペローチーノ・ノビルの酢味噌和え・ヨモギ白玉・笹茶
 天ぷら(ユキノシタ・タンポポの花・桜の花・トトキ・タラの芽・ハリギリ・ヨモギ)

自然の野草を採取して、調理して、出来立ての旬を食べる 究極のスローフードを体験
 実に感動する食育、自然の野草を相手にしたスローフードの原点を実体験しました。
 沢山の男の子たちに交じって、山田さんの指揮監督の元、とても楽しいイベントでした。
 横浜は金沢区の六浦駅からほど近くを流れる小さな侍従(ジジュウ)川の近くの
 土手や梅林の周りで、春の野草がこんなにも沢山あることにまずびっくり。
・山田さんから、毒をもつ草、食べられない草、採って食べられる野草などの説明を
 受けながら無心になって楽しむ子供たちの元気さに終始驚きでした。
・「これは毒素がありますか? 香りがいいですね。この苦みがたまりませんね。」
 といった研究熱心な姿勢と大人顔負けのやりとりに感心しました。
・更に、皆さんチームワークよく、行動が機敏で積極的、自分からさっさと活動し、
 調理補助もお手の物、すくすくと伸び伸びと、秩序を重んじ、実に友好な関係が
 築かれていました。このようにすれば人として立派に成長するなあ、と感心するばかり。
 大人の人たちのサポートあってこその有意義な体験でしたね。
・桜の下で皆で調理して、出来立てを食べる趣向は美味しさ100倍でした。
 我が江川さんも調理手伝い、手際良く、次々と出来た料理に感謝して戴きました。
 子供たちの熱気と元気なやりとりも心地よいBGMでした。



 横を流れる川のせせらぎに心洗われ、春の陽射しにまぶしい桜の花に囲まれ、
 自分たちが大切に川を守っているという自負もあり、心強い子供たちに圧倒される。
 日頃の「ふるさと侍従川に親しむ会」の活動の内容の濃さと、大人が子供に教え導き、
 自然の恵みに感謝し、素材の持つ香りと味を味わい、味覚教育の実践機会を学ぶ
 体験学習に触れた一日でした。
 子供たち、そして山田さん お世話になりました。有難うございました。 (記 井上)